苺(いちご)とチャコちゃん

男らしい筋肉のある体つきというのには憧れますが、筋トレしたいというと、「ハゲるぞ」と言われた経験はないでしょうか。頭髪への影響を考えて、長年続けてきたトレーニングをやめてしまう人も少なくないようです。一般に、筋肉を蓄積するタイプのトレーニングを重ねていくと、テストステロンが増えると言われています。それが男らしい髭や骨格を作るので、推奨している向きもあるのですが、一方で抜け毛が増え、薄毛が進行すると言われています(なぜか毛が細るとは言われません)。でも、それが定説なら、インストラクターやボディビルダーはみんな薄毛になるということになってしまいますね。お察しの通り、まったく影響のない人もいれば、薄毛になる人もいるので、自分が男性型脱毛症になるタイプなのかどうかを、AGA検査で明らかにしてからどうするか、考えたほうがいいでしょう。もし不安であれば、検査するまで筋トレを控えるのは、良いことかもしれません。近頃では、内服薬を使った育毛をしている方も多いそうです。一番に思いつくものと言えばプロペシアでしょうが、まだまだ沢山の内服薬が存在します。塗り薬を使うのと比べて育毛効果を体感しやすい一方、強弱様々な副作用もまた起こり得るため、是非とも注意を払うことが必要でしょう。使ってみて、体質に合わないと実感した場合にはそれを体感した時点で、使用は中止した方が良いでしょう。また、服用にあたっては、医師に処方してもらってください。薄毛予防のために育毛剤、育毛薬、育毛グッズなどを用いるならば、口コミによる評価を確認する、という方が少なくないはずです。育毛に効きそうな商品はお財布には厳しい値段のものが多い上、半年程度は使用し続けないと発毛を実感できないものなので、口コミで話題になっている商品は確かに気になります。そうはいっても、発毛の効果は皆同じというわけではなく、どんな方にでも効き目が表れる商品は存在しないのです。同じようにやっているのにうまくいかない場合、コツを微妙に外してしまっている人が多いようです。誰だってコツをつかんで、上手にスイスイこなしたいですよね。育毛にも抑えておきたいツボはあります。それは抜け毛を招いている原因を見つけ出し、改善していくのがコツでしょう。体にいい系を片端から試すより、ポイントを絞るのです。育毛に良いと言われることを手当たりしだい試しても、抜け毛や薄毛の原因を考えないままでは、ある程度の効果(抜け毛の減少)は得られたとしても、本来期待するほどの効果は得られないかもしれません。それでは時間と費用のムダというばかりでなく、育毛のタイミング自体も逸してしまうため、大きな損失です。育毛とは、マイナスの要因となる生活習慣を改善していきながら、プラスとなる行為を積み重ねていくのが大事なのです。皮膚科でAGAのポスターやパンフレットをご覧になった人もいるかもしれませんが、育毛の効果は頭皮や髪が健康な人ほど現れやすいです。早めの対策がキーとなるでしょう。育毛や頭皮ケアを目的としたヘッドスパでは、椿油を取り入れているところもあります。家庭でも手軽にできるので、試してみてはいかがでしょう。オレイン酸を多く含む椿油は、アトピーや敏感肌でも使える低刺激オイルとしてすでに多くの出荷実績があります。シーズンを問わず利用できるので、継続的に使うことができ、頭皮をやわらかくして状態を整えるほか、潤っている状態を長時間キープできるので、むしろ過剰な皮脂の分泌を抑えるなど、頭皮の健康にとっては良い効果があります。頭皮の状態改善に対しては比較的早く効果が出る点もわかりやすくて良いですね。肌の老化やトラブルにつながる過酸化脂質の分泌を抑えるので、育毛や頭皮の状態改善に寄与すると考えられます。頭皮マッサージの頻度は人それぞれだと思いますが、普段使いとしていま使用しているトリートメント剤に代えて椿油を使用すると、ドライヤー乾燥の熱から髪の潤いを守り、自然乾燥によるかゆみなどを防ぐこともできます。国産で純度の高い製品が手軽に入手できますし、使用方法の相談窓口を設けているメーカーもあるので、試してみてはいかがでしょうか。抜け毛を見つけることが多くなってきたら、毎日のヘアケアを正しく行って、育毛を行うことが必要です。自ら考案した方法では髪や頭皮にかえって悪影響となってしまう場合があります。それから、生活習慣を正すことも育毛に欠かせない事項なので、小さなことからコツコツと、日々の積み重ねを頑張りましょう。そうした上で、育毛剤などを使用することで、より効果に期待が出来るでしょう。濃い色の服を切るときに抜け毛が気になるという方は少なくないようです。相談される方の多くは、こまめに鏡でチェックしたり衣類のブラシがけをするなど気を遣っている様子ですが、それでも抜け毛が目立つので、将来的な薄毛の不安もさることながら、不潔に見られるのではと悩んでいらっしゃるようです。そこで、どなたにでもお薦めできる方法がひとつあります。育毛のために血行促進を念頭に置いた生活をするようにしましょう。動脈硬化や運動不足などによって血液の流れが妨げられると、育毛に必要な栄養素が頭皮に届かず、血管を通して排出される老廃物が頭皮や毛乳頭周辺に留まるため、成長した髪が早いうちに抜けたり、発毛する力自体が弱まりします。どちらも、脱毛サイクルが発毛サイクルを上回ることで薄毛の要因になります。ですから、頭皮のマッサージで血行を促進することは、育毛の基本の「キ」と言えるでしょう。洗髪時や朝起きたとき、疲れたときなどに首から頭皮にかけてマッサージして血行を促進しましょう。洗髪時が手軽ですが、オフィスなど人目が気になる場所では、こめかみから後頭部までの頭皮を、指先を揃えて抑えるように揉むと、無理がなくて良いでしょう。リフレッシュもできます。血行を良くするには血管がドロドロの状態は避けたいので、水分を意識的にとることが大事です。一度にたくさんとれるものではありませんので、一日を午前、午後、夕食後に分けて無理なく一定量をとりましょう。血液がサラサラになると言われている食品をとるのも良いですね。また、積極的に運動不足を解消するよう心がけましょう。髪の毛の悩みを抱えるタイミングは人によって差がありますが、一般的に育毛に手をつけるべきとされているのは早く始めた分だけ、自分に返ってきます。うちの家族は代々薄毛ではありますが、自分は十代の頃から抜け毛に悩まされており、苦労しています。といった声もあるので、早く行動すれば、それだけ理想の自分に近づきます。ネット等で様々なヘアケアが紹介されていますが、あれこれと手を出すのではなく、大事なのは「自分に合った」「正しい」手段を選ぶことです。普段の生活を振り返ってみましょう。悩みの原因となる習慣は、直すべきです。あなたが髪や地肌に与えているダメージを減らしましょう。自分にはまだ早いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。若いときからの髪のケアがあなたの髪や頭皮の状態を改善するためには欠かせません。これから育毛していきたいと考えているのなら、血行促進と、それにつながる習慣について考えていくのが良いでしょう。血液の低栄養状態も良くないのですが、運動不足や過食などによって血行が滞りがちになると、髪の生育を維持していくための栄養素や、発毛させるための物質が頭皮や毛根まで行き渡らず、老廃物がたまりがちになって、育毛の効果が得られにくくなります。血液がサラサラになるような食生活をするのが良いですが、四季の変化のある日本では意識的に水分をとることも忘れてはいけません。すみずみまで血行が良くなるような生活を心がけましょう。飲み過ぎや食べ過ぎを控えることはもちろんですが、喫煙者の方は吸わない時間を増やすようにしてください。ストレッチで筋肉の緊張をとると血行が良くなるので、夜だけでなく朝にも行うと良いでしょう。血行改善によって育毛に得られるメリットは、大きいです。未だに育毛というとまだまだブラシで頭皮をトントン叩くといったイメージを持っている人が意外と多いのには驚きます。叩くのですから、たしかに血行が良くなる(赤くなる)でしょう。育毛剤に付属していたブラシの専用ヘッドでなら効果があるのかもしれませんが、普通に頭皮をブラシで叩くと育毛するつもりが薄毛を助長してしまいます。頭皮は髪に守られていて、衣類でこすれることもないため、たいへんデリケートです。どのようなブラシであれ、頭皮を傷つけ、育毛や発毛にとっては大きな損失になります。そんなことより効果的なのは頭皮マッサージですが、ひっかいてしまわないように気をつけましょう。美容院での洗髪を想像して、適度な力で行ってください。色々な薄毛対策が出回っている中で、最初に選択するべきなのは煙草には有害な成分が数々入っているので、そうとは言えないと思うかもしれませんね。でも、それには個人差がありますので、黒酢は健康にいいイメージがありますが育毛効果があると言われています。黒酢にはアミノ酸などが、多く含まれており、血液の流れをよくしたり育毛に必要なタンパク質の生成に役立つのです。また、発毛に影響する神経細胞を活性化させるとも考えられています。黒酢の風味が得意でない方はサプリメントを利用すれば問題ありません。ブルーのイメージカラーと比較的若手の俳優を登場させたCMの花王「サクセス」。男性用ヘアケア製品とはいえ、育毛を目的とした製品のCMで、従来の中年・壮年といったイメージを覆し、早いうちからのケアを普及させた点で画期的だったと思われます。サクセスの育毛用のシャンプーは「薬用シャンプー」という名前で売られており、1000円以下という安価な価格で、詰め替え用はワンコイン以下です。育毛トニックも同様の価格設定なので、両方あわせても1000円から始められることになります。手頃な価格設定から、将来的な薄毛、抜け毛が気になる人なら試した経験があるかもしれません。知名度が高く、利用者も多いサクセスですが、評価はバラバラです。軽い使用感と手軽さの割に、抜け毛やふけを減らす効果があって大満足というクチコミがある一方で、ストックでシャンプーを2本購入したけれど残りはたぶん使わないというクチコミもあり、効果は、「正直微妙」から「期待しないほうが良い」と言う人もいるようです。コーヒーが育毛にどう影響するかは、諸説あります。有効に働くという人もいれば、育毛のために刺激物を避けるという点で忌避したほうが良いという人もいますし、カフェインが悪いという人もいます。コーヒーは日常的に簡単に飲めて、飲む機会も少なくないため、本当のことを知りたいものです。コーヒーは優れた血行促進効果があり、とくに毛細血管を広げ、末梢にまで血液を行き渡らせる効果があり、これらは地肌の健康と育毛のためにたいへん役立ちます。そうした有用性の一方で、コーヒーに含まれるカフェインは、毛髪の生育に必要なアデノシンという物質の生成を阻害するので育毛の妨げになると言います。実は両方とも真実です。ではなぜ「有用」、「NG」の違いが出るのかというと、それは飲用する時間の違いです。体内で合成されるアデノシンは髪の育成のほか、睡眠にも密接に関連しており、一定量蓄積されると眠くなります。つまり、寝る直前はもちろん、睡眠4?5時間前からは避けるようにして飲むようにすると良いでしょう。効果がある人とない人の違いは、検証してみれば簡単なことだったのです。男性の場合は、それほどこだわらないことがほとんどですが、本来の育毛の効果を狙うのならば、櫛が重要なポイントです。目的に合わない櫛を使っているとよけいに髪が抜けやすくなることもありますので、育毛をうながしてくれるくしを選り抜いて決めてください。ブラッシングは頭皮を整調し、育毛の環境条件を強化しますから、クシ選びは大変基本的なことだと言えます。頭皮の状態や部位によって櫛を使い分けるほど、真剣に髪をケアする人もいます。抜け毛を予防し、健康的な育毛をしたい場合、血液が頭皮をうまく循環している事が必須条件と言えるでしょう。丈夫で太い毛髪のために必要な栄養素を頭皮に届くまで行き渡らせるためには、血流がスムーズである必要があります。頭皮の血液循環が不良ですと、薄毛予防の対策を講じたとしても効きめが現れない事が多いです。第一に血液循環を良くすることを常に気をつけてください。近年では育毛製品が入手しやすくなり、種類もいろいろ販売されています。それだけに何をどう組み合わせるかも迷うところです。また、そんな悩みを解決するような利便性の高い製品も開発されてきました。CHUPUP(チャップアップ)は育毛剤のローションに、髪のために良いとされるサプリを追加でINしてしまったものです。といっても根拠がないものではなく、効果を求めながら長く使いやすいよう安全性に配慮した製品です。最初から組み合わせてあるので、有効成分同士がかちあう心配がありませんし、両方の良いところだけをとって、すでに必要な成分がすべて配合されている製品を使ったほうが、早く確実な効果を得られるのではないでしょうか。ユーザーサポートも手厚く、使用前の購入に関する相談もできますが、使用中にもアドバイスが受けられるので、効果のない方法を試すことによる時間やコストの損失も防ぐことができます。皮膚科の医師が薦めているくらい安全なのも、チャップアップの特長です。副作用の心配がないので、継続的に使用することができます。育毛に必要な基本的栄養素というと、タンパク質、ビタミン、ミネラル、亜鉛、酵素などです。ほかに○○が良いと言われるものの中には、女性向けもあるので気をつけてください。性差があるものといえば、男性の場合は亜鉛でしょう。女性より代謝量が多いので、多くとらなければいけません。低栄養状態では体の恒常性や機能を維持することを優先し、育毛は後回しになります。同じ頭なら、脳のほうに栄養を届けることのほうが重要ですからね。暴飲暴食を避け、バランス良い食生活やメニュー選びを意識して、体の代謝アップを計り、頭皮まできちんと栄養が届くよう血行改善も心がけましょう。せっかく栄養をとっても血流が不充分ではうまく代謝が行われないため、効果が出にくいからです。とはいえ、食事だけで育毛に充分な成分をとれるかというと、3食手作りにしたって難しいと言われています。一度に食べ溜めできるものではないので、少しずつ継続的に摂取するための工夫も必要でしょう。サプリメントで補完するようにすると手です。なかには刺激物を含む製品もあるので、自分に合うのか、何が含まれているかを確認してから使用してください。ネットのトピックスでも取り上げられている「炭酸水」ですが、育毛や地肌ケアにも有効だそうです。昔も炭酸鉱泉(天然の炭酸水)は健康に良いと言われて飲まれていましたが、シュワーッとするのであれば天然にこだわる必要はありません。飲用はもちろん、シャンプーに使用するのも効果的です。飲料にする場合には、おなかを下さないよう、ミネラルを含まない軟水タイプが良いでしょう。1日に何回かに分けて飲むと、胃腸の動きを活発化し、代謝を活性化させ、血行促進効果も期待できるそうです。また、サロンでのスカルプケアで導入されていることからもわかるように、炭酸水を使うと従来より少ない量のシャンプーで充分な洗浄効果が得られるため、頭皮や髪への負担が少なくて済み、血行促進効果で頭皮の状況改善にも役立つほか、天然の抗菌効果のおかげで皮膚に負担をかけずに清潔にできる点も良いようです。いちいちボトルを購入しなくても、専用のシャワーヘッド(3000円台から)なら、家電量販店や通販サイトなどで入手できます。炭酸水を自宅で作るマシンも売られていますが、こちらは洗髪専用品ではなく、飲用に供することを目的としているため、一度に作れる量がシャワーヘッドに比べると少なめです。どちらかというとシャワーヘッド型のほうが手軽ですが、ほかのヘアケアとの相性も良いので、日常のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。頭皮の疾患で急激に抜け毛が増える場合もありますが、通常の男性型薄毛には以前から自覚症状といったものがあるようです。抜け毛の量に不安を感じたり、地肌が以前より見えるようになるなどきっかけは様々ですが、気づいた時はなるべく早く薄毛対策することをお薦めします。薄毛には薬剤や光照射などさまざまな方法がありますが、毛根がまったくない状態になってしまうと効果を得ることは難しくなります。早めに対策しないと手遅れになってしまい、外科的なカツラや増毛に頼らざるを得なくなります。そこで、どのような育毛対策をしていくか判断するために、最初はAGA検査を受けることをお薦めします。AGAというのは男性型脱毛症の総称ですが、それ以外の原因で薄毛が進行していることもあります。特効薬と言われる薬が効かない場合もありますし、いつか行こうと先延ばしせず、とにかく早めに確認することが大事なのです。病院に行くと詳しく検査してもらえますが検査内容は医院の設備によって異なります。また、来院の手間をかけずに自宅で検査可能なキットが通信販売でも入手可能です。これでもう忙しいからという理由で放置しては、いられませんね。薄毛や抜け毛の原因のひとつとして運動不足があります。血行が良くないと代謝も損なわれますので、育毛をはじめる方は、同時並行で運動量を増やすよう心がけましょう。まずは軽い運動を習慣的に行う必要があります。しかし現実には、不健康であるのはわかっていても、忙しすぎて、運動するくらいなら休みたいという声も少なからず聞かれます。誰にでもできるという点でおすすめなのは、ストレッチです。そんなものぐらいと思わないで試してみてください。ストレッチすなわち柔軟体操だと思って、体がよく曲がるように負荷をかける人もいますが、育毛にはあまり効果はありません。固まっている体をほぐしたり、軽い労作を加えて血行を良くするためのものですから、家の中はもちろん、外でも積極的に行ってください。外で全身を動かすことはムリでも上半身、とくに肩から首を動かすことは頭皮につながる血流を良くし、リフレッシュもできます。外では上半身が中心となるので、家では下半身も入れた全身のストレッチを行いましょう。朝、入浴後、就寝前などに回数を決めて行えば血行が改善され、育毛剤の効果の出やすい体質に近づくはずです。育毛する上で欠かせないのは、頭皮ケアです。正しい手順で頭皮ケアを行いさえすれば、健やかな頭皮からは抜け毛が減りますし、更に健康な髪の毛が芽を出すようになります。ただしし、薄毛の原因いかんによっては、単純に頭皮をケアするだけでは症状が良くならないこともあるため、原因をはっきりさせることが大切です。出来るだけ早めに対策すれば、それだけ薄毛の改善の効果は高まりますから、頭皮ケアだけを行うのではなく様々な対策をしていくべきでしょう。低周波というと肩こりの治療を連想する人がたくさんいらっしゃいますが、育毛にも有効です。低周波治療器のなかでも頭皮専用のものを使うことにより、血行ががうながされますし、頭皮の毛穴から老廃物が出ていきやすくなるでしょう。しかし、充分な育毛効果を果たせない低周波治療器もないとは言いきれませんから、買う場合にはよく考えて選ぶようにしてください。男性では好みが分かれるかもしれませんが、ココアは優れた育毛作用が期待できるといいます。繊維質、フラボノイド、稀少なミネラルをバランスよく含み、酸化や炎症を抑制し、老廃物を良く代謝して、皮膚や血管がストレスに対抗する力を高めてくれるので、育毛には大いに助けになるでしょう。ですから、積極的に利用したいものです。ちなみに亜鉛を多く含む食品には牡蠣があります。毎日牡蠣を食べるのに比べたら、ずっと経済的ですよね。ただ、インスタントのココアには粉乳のほか、かなりの糖分が含まれているので、糖分のとりすぎが懸念されます。糖分のとりすぎは体にも髪にも良くないのでオリゴ糖や蜂蜜、羅漢果などからとれる砂糖代替の甘味料などを使って甘味を調整すると良いでしょう。オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やす効果があり、健康への相乗効果も期待できます。アジア人は人種的に若い人の薄毛が少ないので、育毛市場は海外のほうが進んでいるようです。日本国内では認知度が低いものの、現在、低出力レーザーを使った育毛は海外では従来にない方法として盛んに行われています。脱毛に使う光とは異なる波長のレーザー光を毛根にあてることで育毛を促すため、効果は高いようですが、作用すべき毛根がなくなってしまっている皮膚に使っても、発毛させるのは困難ですが、毛根が残っている人であれば、育毛効果は期待できるので、使用を検討しても良いでしょう。体の脱毛や日焼けなどでトラブルの経験がある人は、皮膚科医に相談してみると良いでしょう。家庭用に出力を抑えたレーザー機器はタイプ違いで複数種類販売されていますが、脱毛機器に比べるとまだまだ少なすぎると言って良いでしょう。価格も全体的に少々高価です。クリニックで施術するコース費用を考えると割安ですが、家庭用とはレーザー出力も違うため、単純に比較しにくいところでもあります。育毛剤より手軽に使用できる育毛シャンプーが人気です。普段のシャンプーを育毛シャンプーに置き換えるだけの手軽さは魅力ですね。ただ、コンディショナーはいままで使っていたものをそのまま使っていたり、まったく使わない人もいるようです。でも、せっかくですから、コンディショナーにも同様の効果があるものを選んで使い、同時に育毛効果を高めたいものです。シャンプーのみでもある程度の効果が得られるので、同じメーカーや同シリーズを無理に使うことはないと思います。仕上がりの好み(さっぱり・しっとり・ふわふわなど)もありますし、香料に抵抗感がある人もいるでしょう。自分にマッチしたものを選びましょう。また、過度な効果を期待して、すすぎが不充分になるようなことは避けてください。説明書や注意書きに記載があるかもしれませんが、余分な成分を残さないようていねいに洗い流しましょう。髪の長さや毛質などによって成分が残りやすい人の場合は、普通に洗い流したあと、ため湯に頭を浸けて髪を泳がせ、指先で地肌をそっと揉んでください。髪が妨げにならずにキレイに洗い流すことができます。毎日のていねいなケアを心がけましょう。睡眠不足で育毛に成功した人の体験談は聞いたことがありません。育毛のためには睡眠時間の確保が大切なポイントとなりますので、しっかりと睡眠時間を確保してください。忙しくて難しいかもしれませんが、できる範囲からで良いので睡眠を確保する必要があります。ただ時間を意識するだけでなく、熟睡できるような環境を整えることも大切です。睡眠が不足した状態を続けると慣れてくるという話も聞きますが、それもちょっと怖いことです。慢性的な睡眠不足は疲労を蓄積させているのに、それを本人が感じられないという感覚の異常を引き起こします。すでに体の恒常性が損なわれている状態で、極端に免疫力が低下し、炎症を起こしやすい体になるため皮膚トラブルが発生します。その結果、抜け毛が増えます。育毛剤が使用できない地肌の状態になる人もいます。ですから、毎日、最適な量の睡眠時間を維持するよう気をつけましょう。もし毎日がだめなら、週に何日かは確保すべきです。直前まで映画を見たり、SNSやゲームに興じたりすると、疲労感で深く眠れるような気がしますが、実際には睡眠が浅くなることがわかっています。良質な睡眠を妨げるような行為は避けるようにするべきです。育毛効果を高めるために無視してはならないのは、食習慣だと言われています。外食は和食でも濃い目の味付けなので糖分が多くなりがちなので、量やメニューを選んで食べるようにしましょう。脂質の取り過ぎも細胞の再生に必要なビタミンを多く消費し、血行を悪化させ、抜け毛や薄毛の進行を加速させます。調理済み食品便利ですが、常温でもおいしく感じられるように見た目より多くの脂質が含まれていたり、添加物が多いため、髪や地肌に対してマイナス要因になるものも少なくありません。血流を改善する、栄養になるといった「髪に良い」系の食材は人気が高いですが、食べ続けても、マイナスになる食品が多ければ同じことですから、充分な水分摂取とともに、栄養バランスの良いメニューになるよう気をつけてください。すべての健康に言えることですが、暴飲暴食やカロリーのとりすぎは育毛の敵ですので、気をつけなければなりません。バランスに配慮していれば低栄養の状態も回避でき、より育毛効果の出やすい体質になります。育毛の話をしていて「体温どれくらいですか」と聞くと、最初は不思議に思われます。でも実は体温は育毛と深い関わりがあります。体温が低いと健康な状態に比べ免疫力が低下し、新陳代謝が下がります。また生命維持に必要な温度を維持するため、体の内部に血液が集まるため頭皮の温度も下がるので、髪や地肌のためには良くないですし、長期的なダメージもあるので、体温を上げた状態をキープするのは大事なことなのです。運動も効果的ですが、体温の低い人はすぐもとの状態に戻ってしまうため、家での入浴をオススメします。ゆっくり体を温めて、血行が良いうちに体を休めると、体に良い状態が維持されやすくなります。せっかく温まって代謝が良くなった体ですから、冷やさないようにして、徐々に平均体温が上がるように普段から心がけましょう。女性が美容のために飲んでいるのではと思われがちなコラーゲン製品。その保水性の高さからスキンケアや化粧品に利用されていることも多く、CM等で目にする機会も多いですね。でもコラーゲン製品には、育毛効果があるそうなんです。経口摂取用のコラーゲンは、食事から摂るより吸収されやすくなっていて、継続的に摂ることで、抜け毛が徐々に減ってきたり、地肌の状態が改善されることで髪が健やかに成長でき、白髪も目立ちにくくなるといったユーザーレビューも見られますが、髪にツヤやハリがでたことにより、老けてみられなくなったという意見が多いように感じました。コラーゲンは肉類の骨や皮に多く含まれていますが、カロリーや脂質の問題もありますし、消化しにくい人もいるようです。充分な効果を得たいと思うならば食事より、サプリメントやコラーゲン摂取を目的とした補助食品(ドリンク、ゼリーなど)から摂るほうが良いでしょう。コラーゲンの効果を高めるようビタミンCやB群を配合した製品もオススメです。